ブロック要素にClass属性を付ける


pタグ(段落)にクラス属性を付ける

文章の一番上の行の先頭に「:クラス名:」を付けるだけで<p class="クラス名">文章</p>となります。

文章文章文章文章文章文章文章

整形前

:example:文章文章文章文章文章文章文章

整形後

<p class="example">文章文章文章文章文章文章文章</p>



ulタグ(リスト)にクラス属性を付ける

リストの一番上の項目の先頭に「/クラス名/」を付けるだけで<ul class="クラス名">リスト</ul>となります。
olタグも同様です。

    • 内部ulにもクラス属性を付けることができます。

整形前

-/example/例
-例
--/example2/内部ulにもクラス属性を付けることができます。
-例

整形後

<ul class="example">
 <li>例</li>
 <li>例</li>
  <ul class="example2">
   <li>内部ulにもクラス属性をつけることができます。</li>
  </ul>
 <li>例</li>
</ul>



dlタグ(定義)にクラス属性を付ける

文章の一番上の行の先頭に「/クラス名/」を付けるだけで<dl class="クラス名">定義文</dl>となります。

定義文例
実際のページのソースとHTMLソースをご覧下さい。

整形前

:/example/定義文例|実際のページのソースとHTMLソースをご覧下さい。

整形後

<dl class="example">
 <dt>定義文例</dt>
 <dd>実際のページのソースとHTMLソースをご覧下さい。</dd>
</dl>