キャラクター/ガイアス

名前ガイアス(Gaius)
CV置鮎 龍太郎
性別男性
年齢33歳
身長185cm
武器長刀
戦闘タイプ剣士
特性リベンジャー
パートナー固有サポートスプレッドフォース

「ひとりで戦い続ければ、いつか孤独に呑み込まれるぞ」

統一リーゼ・マクシアの初代国王。
ローエンを宰相に任じ、ラ・シュガルとア・ジュールを結ぶ内政と、エレンピオスとの外交交渉に多忙な日々を送っている。
その一方で、民衆の声から問題解決の糸口を探すため、頻繁に身分を隠して市井に忍び込み、情報収集をおこなっている模様。
お忍び中は、本名の「アースト・アウトウェイ」を名乗る。
重々しい言動から冷酷な印象を持たれがちだが、「弱き者を守る」という想いを一貫して胸に秘めた熱き王である。

キャラ性能 編集アイコン

  • 腕力体力が高め、知性精神が低めの純粋前衛タイプ。脳筋などと言ってはいけない。
    同じく物理特化のアルヴィンと比較すると、属性など攻撃面では一歩劣るものの防御面で勝っている。「グローリー」を習得可能な事もあり、堅牢さはパーティキャラでNo.1といえる。
  • 前作のラスボスだけあってどの武身技も高い性能を誇り、自分で操作してもオートに任せても頼もしい。多少強い敵だろうと高い火力でゴリ押しし易く無限コンボもできる。
    相手がどこにいようと初段が決まれば問答無用で追撃し雑魚敵を瞬殺する「飛燕瞬連斬」、強力な鋼体と圧倒的な火力でボスを穿つ「覇道滅封」、高確率で雑魚敵を即死させる「断禍消穢」、サイズ故範囲が広く、ダウン&火傷と立て直しに優れた「獅子戦吼」等を始めこれら以外にも優れた武身技が多い。
  • 燃費が悪い上に出が遅い技が多く「グローリー」が無い時の被ダメージによる技の中断も相まってガス欠になりやすい事が問題。
    • 基本は通常攻撃と比較的低燃費な技のループで敵を葬っていこう。
    • 武身技の溜めモーションについてはスキル「クイックモーション」でかなり改善される。
      • クイックモーションは「別の技を繋ぐ」という記載しかないが、実際は「タイミングよく別の技を繋ぐ」なので要注意。試すとわかるが連打ではクイックモーションが適応されないときがある。
    • 各種スキルや武身技レベルアップ、更にフェアリィリングがあれば高燃費もおおよそ解消される。その時が来るまでじっくりと育てておこう。
    • 最大TPも低いのでいっそTPアップ薬草をガイアスにつぎ込むのも一つの手。根本的な解決にはならないがLv200でもTPカンストには程遠く無駄にはならないので一考の価値あり。
    • グレードショップで消費TP減少を購入した暁にはカン・バルクに春が来る。
  • 特性は敵の攻撃をガードで受け止めた直後の1秒間はフロントステップが強力な攻撃に変化する「リベンジャー」。
    • 攻撃をギリギリでガードするほど強力になり、雑魚相手であれば一撃で葬り去ることが可能なほどの高威力になる。
      スキルをつけることで、タイミングに関わらず確率で最大ダメージを出すことが可能。
    • 敵が背後に回りこんだ状態でフロントステップしても敵方向に向き直さないので一旦敵に向き直す癖をつけよう。
    • スキルによってL1+○ボタンでもリベンジャー発動可能になる。
    • この場合モーションが変わり、ジャンプして切り上げ→切り落としと虎牙破斬のようになる。またこちらの場合キチンと敵の方向に向き直して使ってくれる。
    • バックステップ回避からの発動が可能になるスキルもある。
    • 「グローリー」による仰け反り無効は防御扱いのため、ガードしなくてもリベンジャーを出せるようになる。その場合マジックガードでもリベンジャー可能。
    • なお、フロントステップによるリベンジャー発動にはマイトチャージの効果が乗らないが、代わりにチャージ段階を維持したまま攻撃することができる。;
      ブレイク値も高いため、特にボス戦では様子見兼コンボの基点として重宝する。
    • 上記した様に「マイトチャージに影響されない」という点に気を付ける事。
      • 耐性があった場合は勿論高いブレイク値だとしても通用しないのでリベンジャーで切り崩す場合は属性に注意しよう。
  • 固有サポート能力はサポート行動でマスターを庇った際に発動する「スプレッドフォース」
    • ガイアスとマスターそれぞれが消費TP軽減、繰り出す攻撃に敵弱点属性付加、物理攻撃で必ず敵が仰け反るようになる(ただし術での攻撃は除く)。
      「アルターサポート」により次連携時のTP消費を軽減と、一定時間ACを消費しない効果に変更できる。
    • 闘魂注入はありがたいのだが、そのきっかけとなる「かばう」行動はダウンしたり仰け反ったりした際にしか行わない。
      つまりガイアスが「グローリー」を付けていると殆ど発生しなくなる。矛盾しているように感じるが、王はヌルゲーを許さないということか。
  • 習得する武身技の属性のほとんどが斬火風光(+地と打が1つずつ)であり、射撃・水・闇については一切習得しない。
    使用できる属性の少なさはレイアに続いてワースト2。エリーゼにまで劣るため、弱点連携をやりにくいのが難点。
    • 闇と水はガイアスを含む共鳴術技で補える。今作は属性武器が豊富なため、武器自体を変えてしまうのも手。
      しかし共鳴術技にはゲージの制限があり、武器変更は敵に合わせて装備を変える手間がある(加えて水と闇の刀が特注できるのも中盤〜終盤)ため、味方の適当な術技をショートカットに登録しておくのが一番お手軽。
    • 闘技場タッグなど味方の人数が少ないシーンでは、属性≒火力の不足に悩まされる。猛招来で底上げするか、火属性術技による炎上も狙ってしっかりダメージを稼いでいきたいところ。

武身技 編集アイコン

名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
シュウキジン
集気陣
16-1×初期
消費TP減少確率でAC消費な共鳴術技ダメージ増加.確率でAC消費なし
自分と周囲の味方のHPを15%前後回復させ、物攻と魔攻を20%上昇させる。
カイキコウ
回帰功
40-/ Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 消費TP減少
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
周囲の味方を戦闘不能から回復。詠唱はないが発動まで時間がかかる。
スキル「クイックモーション」で僅かながら時間短縮が可能。カウントが増えるとモーションが短くなる。
モウショウライ
猛招来
71×初期
Lv1 属性連携時間増加
(1210):Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 OVLゲージ増加率上昇
ダウン起こし(200)周辺の敵を吹き飛ばしつつ自身の物攻を50%上昇させる。
前作敵時から引き起こし効果がつき、火属性が付与されている。
使っておいて損はない。
マジンケン・ショウガ
魔神剣・翔牙
5(610)
(1210):Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 硬直時間増加
空中発動可能な魔神剣。威力は控えめだが驚くほど凄まじい速さで連発出来る。
マジンケン
魔神剣
91×初期
Lv1 攻撃力増加
(730):Lv2 確率でAC消費なし
(2160):Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 硬直時間増加
ダウン起こし引き起こし効果を持つ衝撃波を放つ。使用回数を重ねる事で射程が伸びる。
妙に威力が高くダウン起こしの効果も付いているので、これと各種武身技でループもできる。
ただし空破天裂陣は繋げると攻撃判定がなくなるので非推奨。
シュンジンケン
瞬迅剣
61初期
確率でAC消費なし
(1030):攻撃力増加(空中)
(1880):属性連携時間増加
(3180):共鳴術技ダメージ増加
一瞬で距離を詰め貫く。前作と異なり空中でも始動時のタメがある。
スキル「クイックモーション」で前作と同じ速さを取り戻す。
スイリュウ
吹柳
6初期
(730):Lv1 共鳴術技ダメージ増加
(1410):Lv2 確率でAC消費なし
(2810):Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 硬直時間増加
軸移動しつつ斜めに切る。ガイアスの技の中では発生がトップクラスに早い。
連発できるが威力も高くなく仰け反りも微弱なので過信は禁物。
余談だがエルの変化衣装をつけると飛行型の敵に当たらない。
テンシンキャク
転身脚
11:(730) / Lv1 鋼体ブレイク性能強化
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
軸移動を交えた上段回し蹴り二連発。非常に素直で扱い易い打撃属性だが若干モーションが緩慢。
コウジンレッパ
煌塵裂破
151×初期
Lv1 クリティカル率上昇
(3180):Lv2 クリティカル率上昇
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 属性連携時間増加
なぎ払い斬り。発動が若干遅いのが難点だが横へのリーチが広い。
ビャッキジン
白鬼塵
12100(1210) / Lv1 気絶確率上昇(空中)
Lv2 硬直時間増加
Lv3 硬直時間増加
Lv4 攻撃力増加
ダウン起こし上空から勢い良く叩き斬る武身技。ガイアスには貴重な地属性の為、連携に組み込むといい仕事をする。
上空へ舞い上がった飛燕瞬連斬の〆にどうぞ。
コガハザン
虎牙破斬
133100初期
Lv1 攻撃力増加
(610):Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 属性連携時間増加
前作とは異なり2連撃を見舞う他、若干速度が落ちた。
スキルのセカンドアーツ装着×押しっぱなしで前作の3連斬りに変化。
コウコウハザン
皇光破斬
181×(1210)
(1880):Lv1 属性連携時間増加
(2810):Lv2 硬直時間増加
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 消費TP減少
ダウン起こし(100)剣を叩きつけて前方に光の衝撃波を発生。100回使用でダウン起こし効果。
複数敵を巻き込め、多段ヒットするため使いやすい。
PVでやっていた獅子戦吼→皇光破斬→飛燕瞬連斬が意外と優秀。
ダンカショウワイ
断禍消穢
152×初期 / Lv1 ガードブレイク性能協化
Lv2 消費TP減少
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
即死防御姿勢をとり、攻撃を受けると反撃を行う。ダメージ中であっても使用可能。
2hit目に即死効果(確率高)も付与されているので高HPの雑魚相手に効果的。
アンノウンで隠しダンジョンの砂漠を攻略する際の切り札。アイテム集めに最適
光属性から斬属性に変更されている。
シシセンコウ
獅子戦吼
161×(2810) / Lv1 ガードブレイク性能強化
Lv2 鋼体ブレイク性能強化
Lv3 硬直時間増加
Lv4 属性連携時間増加
ジュードのものより範囲が広い。使い込むとガードブレイク性能が向上
威力・範囲・発生に優れ、トップクラスのガードブレイク性能を誇るのでコンボの始動技として最適
火属性が付与されている。
クウハテンレツジン
空破天裂陣
206×(1630)
(3180):Lv1 クリティカル率上昇(空中)
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 硬直時間増加(空中)
Lv4 鋼体ブレイク性能強化(空中)
ダウン起こし斜め上空に向け多段ヒットする突きを出す。
発生が早く、多段ヒットなので使いやすい。
魔神剣からこの技に繋ぐとモーションが変わって攻撃判定が出ないバグが存在する。
ハジャジュウジセイ
破邪十字星
242×(2470) / Lv1 消費TP減少
Lv2 硬直時間増加
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 ガードブレイク性能強化
ダウン起こし
ダウン
縦斬り→踏み込み払いで十字を描く。テンポが良く、切り抜けるためある程度安全。
だが一段目がヒットしなかったりガードや鋼体で防がれると二段目が出ない。
光属性から斬属性に変更されている。
一段目にダウン起こし効果があり、二段目にダウン効果がある。
ソウリュウレンガザン
爪竜連牙斬
28×(1880) / Lv1 属性連携時間増加
Lv2 攻撃力増加
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 クリティカル率上昇
ダウン(追加)連続で敵を斬り付ける。〆の斬り付けが無くなった。
スキルのセカンドアーツ装着×押しっぱなしで〆に刀を振り下ろす動作が追加。
〆の一撃は威力が高くダウン効果あり
ダンガショウテン
断臥昇天
322×/ Lv1 鋼体ブレイク性能強化
Lv2 気絶確率上昇
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 硬直時間増加
ダウン溜めからの斬りおろし。威力が高い。溜めが長いがスキル「クイックモーション」である程度短縮可能
光属性から斬属性に変更されている。
ヒエンシュンレンザン
飛燕瞬連斬
253100/ Lv1 OVLゲージ増加率上昇
Lv2 消費TP減少
Lv3 状態変化頻度増加(空中)
Lv4 攻撃力増加(空中)
空中を華麗に駆ける連続飛翔斬り。使用回数100回以上で空中発動が可能となり敵を空中でお手玉状態にできる
前作と同様に攻撃速度・出の速さ全てが優秀な武身技でこれを主軸に戦っていくと安定しやすい。
空中で連発し続けると敵の攻撃を殆ど回避出来てしまうオマケ付き。
空中で攻撃途中にトドメを刺した場合、次のターゲットの場所まで自動でワープし攻撃を継続する
だが一段目がヒットしなかったりガードや鋼体で防がれると二段目が出ない。
前作と比べると斬る回数が4→3と減り風属性がついた。
スキルのセカンドアーツ装着×押しっぱなしで4連斬りとなる。
ワープ中は姿が消えているが無敵では無い様で敵の攻撃で強引に妨害される事もあるが
攻撃判定はワープ直前に出現した赤い剣閃に発生しているので
例え中断されようと確実にダメージを与える事ができる。
ターゲットの位置によっては、余りにも攻撃速度が速過ぎて
カメラが追いつかない事もあるので、この速さになれよう。
ワープと攻撃の速さのお陰である程度ステータスが極まってくると
雑魚敵は初段がヒットした数秒後フィールドから消え失せる。秒殺も当たり前。
尚、ワープ誘導はターゲットの撃破以外にも、自分でターゲットを切り替える事で自在にコントロールできる
その為、攻撃中に危険な精霊術の詠唱妨害も出来たり、3〜4体の敵を一度に攻撃できる。
マジンシュンレンザン
魔神瞬連斬
304×/ Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 OVLゲージ増加率上昇(空中)
Lv3 属性連携時間増加(空中)
Lv4 消費TP減少
ダウン起こし(100)魔神剣を放ち、当たった敵を飛燕瞬連斬で追い打ちする。
魔神剣部分がヒットすればどれだけ距離があろうと対象までワープする
100回使用でダウン起こし可
空中発動できない点が難点。繋げたい場合は飛燕瞬連斬に連携しよう。
ハドウメップウ
覇道滅封
608→10→12×(2160) / Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 鋼体ブレイク性能強化
100回:ヒット数+2
400回:ヒット数+2
TOXのムービーでも使っている溜め撃ちレーザー。背後にも当たり判定がある。
TP消費は多いがそれに見合うだけの火力・範囲・リーチを誇る
始動から終わりまで鋼体効果付与されているので潰される事が無いのもポイント
火属性が付与されている。
9属性連携中または連携の終わり辺りに仲間からショートカットで使ってもらうとよい。
特定の条件を満たしてダウンしたギガントモンスターに対して使用すると
なんと秘奥義に匹敵する火力を叩きだす事ができる。
ギガントモンスターが隙を見せたらこの武身技を連発するだけで殆どのHPを削りとる事ができる。
セイカメッサイジン
聖戈滅砕陣
352+7×/ Lv1 消費TP減少
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 ガードブレイク性能強化
Lv4 状態変化頻度上昇
ダウン起こし
ダウン
剣を振い多数の光剣をターゲットの敵の頭上から降らせる。
最初に振るった剣と落下してくる剣とはヒット数が繋がらない。
光剣は距離不問で誘導性能有りだが、あまり素早く動く敵だと避けられる。
6つの光剣にはダウン起こし効果があり、光剣が刺さってからの爆発にはダウン効果がある。
ハオウテンショウケン
覇王天衝剣
707×/ Lv1 消費TP減少
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 属性連携時間増加
100回使用でダウン起こし奥義
刀身に光を纏わせ貫き、引き抜き際に切り上げる。
「属性連携時間増加」を持ち、動作が長い技のため、キャラチェンもしくは他のキャラのための時間稼ぎといったところか。
シリュウセンコウザン
刺龍穿光斬
567×/ Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 攻撃力増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 硬直時間増加
ダウン起こし
ダウン
奥義
自身の周りから多数の光剣を飛ばし、自身の刀で貫いて吹き飛ばす。
突き部分がダウン追い打ち可+投げ判定なので耐性の無い敵であればこれを連発するだけで無限にコンボを繋げられる
秘奥義からであってもコンボを繋げる事が可

秘奥義 編集アイコン

名称パートナー属性hit習得備考
ビャク・マジンオウケン
闢・魔神王剣
--8スキル「スペシャル」大きく打ち上げた相手を一刀両断する。前作と違い無属性。
最初の斬りつけで後ろにも攻撃判定があるがほぼ単体攻撃で巻き込みは期待できない。
単独秘奥義の中では最も威力が高く、初見では驚く事間違いなし。
センケンザンウ・ガオウセンレツコウ
閃剣斬雨・駕王閃裂交
ルドガー親密度ガイアスとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
ガイアスが招来した剣雨の中をルドガーが突破しつつ剣柱を二振り引き抜き、
追いついて来たガイアスと共に三太刀にて敵を切り伏せる。
範囲技なので近くの敵を巻き込める。
親密度最大で「我威留怒・魂微音維紫苑(ワイルド・コンビネーション)」という名前に変更可能(台詞変更)。
ワイルド・コンビネーション
我威留怒・魂微音維紫苑
ルドガー親密度演出は閃剣斬雨・駕王閃裂交と同じ(台詞のみ変更)。
ガイアスのキャラエピソードを全て終えて、親密度を最高にしてカン・バルクにいるガイアスに話しかける。

弱点連携一例 編集アイコン

共鳴術技なしリベンジャー → 猛招来 → 魔神剣 → 獅子戦吼 → 皇光破斬 → 飛燕瞬連斬(セカンドアーツ) → 白鬼塵 → 転身脚 → 爪竜連牙斬(セカンドアーツ)
ガイアスの持ちうる属性全てでの連携。属性故に火力が不足しがちなガイアスでも事前に猛招来で攻撃力を上げる事で比較的安定したダメージを与えられる。
ガイアスはリベンジャーにより鋼体を積極的に破壊していける為、事前にマイトチャージ2で連携準備をしておき、リベンジャー→術技と繋ぐと安定する。
兎にも角にも猛招来がガイアスを使う上で何よりも大事。
共鳴術技+秘奥義あり上記の転身脚 → 龍虎滅牙斬(ミラ) → 邪霊一閃(ルドガー) → 任意の秘奥義(闢・魔神王剣&閃剣斬雨・駕王閃裂交)
ここまで連携を決めると、射撃属性以外の全ての属性をカバーしているので、相当なダメージが見込める。
無論、何らかの方法で射撃属性も補っておけば更に高いダメージを与えられる。
尚、共鳴術技のお約束として、フィールドの枠を飛び出てしまうと余計なワープで硬直時間が延びてしまう。
ガイアスがフィールドから飛び出さないように共鳴術技を発動しよう。