昇級討伐攻略

はじめに 編集アイコン

このページでは各陰陽師ランク時点での攻略を前提に話を進めて参ります。
また、課金姫を引き合いに出すケースにおいては紹介のみにとどめております。
これは本来試練を受けるべきレベルを超えている状態や、高能力値を有する課金姫による構成で臨んだ場合、戦略を練る必要性が薄れるためです。
本攻略サイトを参考にしてもクリアできない場合は他の試練で不足分を補い、陰陽師ランクが上がってから再度挑戦してみると良いでしょう。

テンプレ? 編集アイコン

■出現情報:闇ヶ淵Lv1

■総評

■攻略プラン



藍ランク 編集アイコン

濁水 編集アイコン

■出現情報闇ヶ淵Lv6

■総評
物理攻撃がメインの相手。
遠距離攻撃は提灯が一匹と黒兎が二匹。
黒兎の弓は前衛には大したダメージにならないはずなので
提灯を優先して落とすと喰らうダメージが減って楽になる。
槍が使える式姫を連れて行くとお供の邪鬼には一方的に攻撃出来るのでオススメ。
濁水は物理攻撃が高いうえ、槍装備なので術で削ると吉。

■攻略プラン1

漢多太 編集アイコン

■出現情報:奈落谷Lv6

■総評
敵は濁水同様物理攻撃がメイン。
初動が難しく苦労する極小マップだが、この戦いではこちら側に有利に働いてくれる。
舶来種や課金式姫、小狐丸辺りに壁になってもらえば、あとは遠距離火力の見せ所。
「術増し」を持った天狗種が二人ほど順当に育っているのなら、問題は無い筈だ。

■攻略プラン1

■攻略プラン2

九郎首 編集アイコン

■出現情報:祟荒野Lv6

■総評
運要素が勝敗を大きく左右する数少ない相手。「呪縛の術」による確率的バッドステータスの発生がその主たる原因である。
できればこの時点で小狐丸を所有しておきたい。後衛を守る壁になりつつ回復術を使用、更には奇を衒って強く反撃に出ていける万能式姫であるので
天女系の完全上位互換とみてよい。
小狐丸がいるのといないのとではここのマップの難易度が激変する。
しかし、小狐丸を有していたとしても敵は火力もあるため、難敵であることに変わりはない。
もしこのマップが攻略できず八方塞がりの場合はこの試練をパスして「天界石」を探すプランも考慮しておきたい。
「天界石」は修行、龍穴、所有地の浄化(「浄化」の頁を参照せられよ)で入手可能である。
しかし九郎首を倒した場合にも天界石をドロップする可能性がある。とんだ皮肉である。

■攻略プラン1



紫ランク 編集アイコン

黒蜥蜴 編集アイコン

■出現情報:屍人ヶ原Lv7

■総評
これといって苦戦する相手ではなく、天狗種が2体いれば簡単に倒せる。
ただ、攻撃力は高めなので小狐丸や猫又で壁を作っておくといいだろう。
また、お供で出現する岩首は優先して落とすように。発動確率はそれほど
高くないとはいえ、2体も3体も呪縛状態にされてはたまったものではない。
いるなら猫又を使うとかなり楽に。「影縫い」が発動すれば術で一方的に攻撃できる。

■攻略プラン1

奮迅 編集アイコン

■出現情報:祟荒野Lv7
理論値的には強敵で二の足を踏むが、実際には混戦で同士討ちを発生させ易い。
そのためムラこそあるが他2匹と比べれば難易度は低め。

■攻略プラン1

極鬼 編集アイコン

■出現情報:腐火鉱山Lv7

■総評
極鬼は殴り合いでは即落とされてしまうほど攻撃力が高い。
しかし、耐えることができない程ではなく、足止めすることはそこまで難しくはない。
天狗種の「術増し」や攻撃特化の弓で攻撃すれば比較的簡単に落とすことができる。
(速が高ければ物理で押すことも可能、威力の高い武器があれば術で攻撃するよりも有効)

それよりもやっかいなのが極鬼が出現するMAPとお供である。
まずMAPだが、味方の初期位置が分断されているため防御陣形が構築しにくく、敵に各個撃破されやすい。
続いてお供だが、右側に出現する飯綱×3が非常にやっかいである。攻撃面では天狗系、白兎系が2発で昇天するほど
攻撃力が高いうえに「急所打ち・皆伝」持ちなので小狐丸も一瞬でやられかねない。
防御面では物防、魔防、HPが平均的に高く、こちらの攻撃も通じづらい。さらには「身かわし・弐」持ちなので、
物理攻撃が安定したダメージソースになりえないのが非常につらい。

いかにしてこの飯綱×3をアタッカーの式姫を守りつつ撃破するのかが勝利のポイント。
最初のターンにアタッカーの損失がでればほぼこちらの負けなので初期配置は慎重に決定したい。

場合によってはその他が身代わりになってでもアタッカーのカバーに努める。
臨機応変に最善の動きがとれるよう準備しておけば課金せずとも突破は可能だ。
また、猫又がいるといないでは全く違うので勝てない場合は育てるといい。

■攻略プラン1
はっきりいって紫ランクの時点で無理して倒す必要はない。
銅ランクに上がってから各自の主力面子で望めば攻略はたやすい。



銅ランク 編集アイコン

大入道 編集アイコン

■出現情報:大江山遠征1日目

■総評
全ての敵が高ステータス。自陣側は刀系式姫(ほぼ小狐丸)の使用禁止。
入道系は術に弱いため「術増し・皆伝」が最低二人、出来れば三人は欲しい。
賢さ込み60に「闇炎」「神鳴り」があれば、とりあえずダメージに不足は無いだろう。
土蜘蛛さえ倒してしまえば遠距離攻撃は無くなる。
また、向かって右手側の三つ目入道を川に引っ掛けることで、劇的に楽になる。
この条件をクリア出来れば、後は敵がハッスルし過ぎなければ打開可能。
火力に不満があれば烏天狗を召喚できるようになれば解消出来る。

物理火力偏重の相手と戦うマップ。感覚としては6討伐の漢多太戦に似ているかもしれない。
こちら側に課される制限は『刀系式姫(ほぼ小狐丸)の使用禁止』になっており、遠征マップの中では珍しく舶来系が出撃出来る。
入道系は物理攻撃・防御共に優れるため、物理系で殴りかかるのはお世辞にも賢いとは言い難い。
また蜘蛛系は弓扱いの射程4の攻撃をしてくるため、見た目より厄介。
当該マップの攻略は近接物理系ではなく遠距離系、中でも術系の働きにかかっていると言っても過言ではないだろう。

■攻略プラン



白金ランク 編集アイコン

火明 編集アイコン

■出現情報:屍人ヶ原Lv10

■総評
七匹の提灯による斑鳩の雨あられ。三つ目入道はおまけ。
ただでさえ威力が高いのに七匹による集中砲火を浴びて生きていられるものは居ない。
ただし彼らにも弱点がある。それは移動力が1しかないということ。
戦場は決して狭くは無いが、二つに分断するようなマップ構成は、彼らの侵攻を制限するには十分である。
術寄せを用いた場合、提灯たちはその式姫が射程に入ったところで進行を止めるので、上手く利用しよう。
術寄せ・術かわしが輝くステージである。

■攻略プラン

黄泉蜘蛛 編集アイコン

■出現情報:闇ヶ淵Lv10

■総評
総勢12名の遠距離弓勢による容赦なき矢の雨が降り注ぐ。
下手に囮を配置しようものならあっという間に蒸発してしまう。
唯一の希望は、敵陣営から味方陣営への進入路が1マスしかないということだ。
上手く敵を誘って塞ぎ、矢の届かない位置からちまちま削るのが上策となる。
長期戦が必至なので、十分な武器残量を用意して挑もう。

■攻略プラン

絶影 編集アイコン

■出現情報:咎森Lv10

■総評
絶影の攻撃をいかに防ぐか、その一点に尽きる
雑魚は囮と術寄せでそれぞれ対応すれば何とかなる

■攻略プラン



金剛ランク 編集アイコン

黒椿 編集アイコン

■出現情報:祟荒野Lv11

■総評
火力高&術反撃皆伝の古椿と、術増し影縫い狗賓、急所影縫い飯綱が合計十二体。
正しい位置に術寄せ・囮を配置しないと、影縫いで動けなくなり即座にやられてしまう。
救いなのは、狗賓と飯綱は術反・弓反を持っていないこと。
術寄せと囮をしっかり回復させて、弓や術で地道に削っていけば攻略できる。

■攻略プラン

鬼走 編集アイコン

■出現情報:奈落谷Lv11

■概要
高HPによる高い耐久能力に加え、攻撃力122+連続攻撃皆伝+毒、射程2の物理攻撃という超火力ボスの討伐MAP

これだけでもかなり厳しいのに加えて、
反対サイドからは怒髪天+麻痺スキルを持つ4人の三つ目入道がミンチにしようと押し寄せてくる、
という地獄のようなマップである

敵は全員状態異常に耐性が無い事と、
回避スキル(〜かわし)を持っていない事
そして編成が物理アタッカーのみである事が攻略への糸口

直接火力でごりおせなくとも、麻痺や呪縛の術、
これらのスキルを持つ弓・術士で遠距離から固めることも考えつつ、
各個を確実に撃破していきたい

また、全員の攻撃力が100を超えており、
攻撃はきわめて苛烈なため、囮以外にも物理に硬い式姫が1人居ると楽になる

■攻略プラン

■役割別解説

●実践解説

暗闇童子 編集アイコン

■出現情報:腐火鉱山Lv11

■概要
全員が暗闇皆伝+火力UPスキルというスキル構成かつ、上記鬼走マップと異なり耐久力がやや高め。
暗闇による命中・回避力の低下があるため、持久戦を強いられジリ貧に陥りやすい。
更に、敵は全体的に足が速く、囮や寄せの式姫をしっかり育てないと
ジリ貧どころかあっさり壊滅してしまう危険もある。

出現する敵数も問題で、うまい具合に位置取りをしないと囮だけでは捌ききれず、
囮2人起用など、他のMAPを攻略するのとは別ベクトルの対処を要求される。

そして、全員が暗闇スキルなので、アクセサリ「清水の腕輪(暗闇知らず)」が役に立つマップ。

■攻略プラン1

■実践解説

■攻略プラン2(2囮法)

■実践解説

■攻略プラン3(1囮1寄)



黒金ランク 編集アイコン

霜華 編集アイコン

■出現情報:屍人ヶ原Lv12

■総評
寄せかわしさん頑張ってください。
敵は呪縛皆伝+疾風迅雷(かわし系無効)の雪女、高力提灯、水虎、死神。
提灯には術反がついているのであまり触りたくない。
水虎さんにどれだけお世話になるかがポイント。
死神の呪縛が厄介。

■攻略プラン

陣守宮(たてやもり) 編集アイコン

■出現情報:闇ヶ淵Lv12

■総評
ボスが4体。まさかの乱れ撃ち。
敵は高ステ乱れうちのコロボックル×4、わいら×4、大百足×4。
陣守宮の攻撃でびくともしない囮がいれば持久戦の末勝てる。
大きく分断されていて右側へ百足がなだれ込む。
よほど右側の式姫が対物に強くない限り全滅させられる。
わいらの麻痺が厄介だが、囮仙狸なら腕輪の麻痺知らずで問題なし。
それ以外の囮でも、制限時間は無いのだから弓だけ防いでじっくり攻略すればいい。

■攻略プラン

紫御前 編集アイコン

■出現情報:咎森Lv12

■総評
ボスは御霊断ち皆伝だが、攻撃スキルは持っていない。
囮の賢が低くても、守がしっかり育っていれば、ボス以外の敵からのダメージが減るため攻略できる。
敵は毒や呪縛持ちなので、囮の回復は浄化の光が最適か。

■攻略プラン



緋緋色金ランク 編集アイコン

万雷 編集アイコン

■出現情報:屍人ケ原Lv14

■総評
一見驚く量だが、全く移動しないため射程を見ながら弓で削っていけば難しくはない。真ん中の島の三体を最優先で倒せば下は安全地帯となる。あとは回復しつつ弓や術で倒していこう。
速度と防御が共に1の雷提灯がいるため、低レベル弓使いの育成にも使われるマップ。

■攻略プラン

大鬼首 編集アイコン

■出現情報:奈落谷Lv14

■総評
右の一匹だけ倒せばいいので、右に寄りつつ物理で殴る時間を稼げば寄せが育ってなくても突破することはできる。寄せかわしが育っているなら何も問題ない。
■攻略プラン

河伯 編集アイコン

■出現情報:闇ヶ淵Lv14

■総評
位置取りさえ間違えなければ、なんの問題ない難易度。
河童術士が物理攻撃でしか発動しない荒療治を持っていることのほうが気になるMAP。
運営が気づいたらスキル修正される可能性が高いボスMAPとも言える。

■攻略プラン

耶麻 編集アイコン

■出現情報:祟荒野Lv14

■総評
落ち着いて三体それぞれの攻撃を受けていこう。状態異常が効くので、影縫いや麻痺などで止められると格段に楽になる。耶麻だけ倒せばよいので集中攻撃をかけよう。

■攻略プラン

温羅 編集アイコン

■出現情報:腐火鉱山Lv14

■総評
右岸の二人で大百足四匹を対処できるかがキーになり実力が試されるボスMAP。大百足を一匹も倒せないと3人で挑んでいるようなもの。
温羅は物防が125で物理攻撃がほとんど通らないので物理でなくて術や支援術も入れておきたい。

■攻略プラン

震天君 編集アイコン

■出現情報:咎森Lv14

■総評
ボス一人だけという異色のマップでありながら、高HPと超火力に加えてスキルの神の怒りで全体攻撃をしてくる。
回復しながら叩けば良いと思っていると、先に回復役がやられるので注意が必要。

■攻略プラン

■攻略プラン2 速89以下



虹ランク 編集アイコン

川虎 編集アイコン

■出現情報:屍人ヶ原Lv15

■総評

■攻略プラン

狂骨 編集アイコン

■出現情報:腐火鉱山Lv15

■総評

■攻略プラン

八束脛 編集アイコン

■出現情報:闇ヶ淵Lv15

■総評

■攻略プラン

急灘 編集アイコン

■出現情報:奈落谷Lv15

■総評

■攻略プラン

四不 編集アイコン

■出現情報:咎森Lv15

■総評

■攻略プラン

波旬 編集アイコン

■出現情報:祟荒野Lv15

■総評

■攻略プラン



コメント 編集アイコン

  • 1:敵の配列を見て対策を練る→2:色々な行動を取って打開策を探る(試行錯誤)→3:安定性の高い行動を組み立てる 正直クリアできない人は2の仮定がすっぽ抜けてるんじゃないかと思う。Wikiや動画は結局は他人の攻略法なんだから参考するにしても自分向けに改編する努力は必要だぞ。激レア使ってるとか、組み込める駒が居ないからって「参考にならない」というのは安直すぎる。 -- 名無しさん (2012-08-16 23:54:43)
  • 酒呑童子は少数精鋭で反撃安定させた方が楽だった -- 名無しさん (2012-08-26 08:44:48)
  • 殺生石はいかに5人のままターンを進めるかが重要だし、総合力勝負なのでなかなかこれといった攻略を書きにくい・・・どっちにしてもよせかわし、硬い囮は必須になる -- 名無しさん (2012-08-26 18:12:33)
  • もう高レベのマップは術寄せ&囮がいないと攻略は不可能とはいわないが困難 -- 名無しさん (2012-08-28 19:39:53)
  • 蠱毒さえあれば討伐マップはなんとかなる気がしてきた。 -- 名無しさん (2013-06-14 08:05:48)
  • 火明に蠱毒を当てて周りの敵をコツコツ倒して行ったら40〜50ターンでクリアした・・・。 -- 名無しさん (2013-08-04 14:03:11)
  • 黄泉蜘蛛のお供は毒皆伝持ちなのでアクセで防ぐなりすると安定するかも -- 名無しさん (2013-09-30 07:42:14)
  • 絶影は速調整後、手前の左端に壁2体で封じ込めて仏で回復。右から囮と寄せで雑魚を殲滅。1発クリアでした。 -- 名無しさん (2013-10-03 03:33:25)
  • 鬼走の右側の入道は明星の腕輪を付けて2人壁にしたほうがいいと思う。左側は全然脅威じゃない。 -- 名無しさん (2013-10-03 06:14:39)
  • 自力で明星の腕輪を入手できるだけの戦力があるなら攻略プランなんざ無くても初見で勝てるだろう。銅の円盤って手もあるにはあるが、滅多に出ないし現実的な攻略法とはいえん。 -- 名無しさん (2013-11-11 15:03:43)
  • ああ、それ以前の問題か。黒金以上でなきゃ挑戦すらできないマップのドロップ品を金剛用の攻略プランに組み込むわけにはいかんわな。 -- 名無しさん (2013-11-11 15:24:21)
  • いや普通に市で売っている時があるよ -- 名無しさん (2013-11-14 01:43:53)
  • 自力入手できない強装備を市で買うのは確かに有効な攻略法ですけど、それ前提で攻略計画を立てるのはおかしくないですかね? -- 名無しさん (2013-11-15 18:05:24)
  • 確かにそうかも。あると良いぐらいでした申し訳ない -- 名無しさん (2013-11-16 12:52:29)
  • 藍ランク九郎首に天界石の記述がありますが、試練の地11〜15層が討伐試練よりも簡単だと思うので追記して頂ければ幸いです。 -- 名無しさん (2014-02-17 03:02:57)
  • 震天君は遠当ての術師でソロならステを問わず無被弾で勝てる。あと武器纏いじゃなく武器繕い。 -- 名無しさん (2014-03-08 16:40:10)
  • 緋緋色金ランクの討伐内容が虹ランクの討伐内容になってるみたいですが自分の気のせいですか? -- 2014-06-10 (火) 14:17:37
  • 黄泉蜘蛛の項目で囮役を動かさずに展開していたら道を塞いだ蜘蛛がわざわざ移動しやがって押し込まれたんですが・・・ -- 2015-01-22 (木) 20:29:32
  • 黄泉蜘蛛の項目で囮役を動かさずに展開していたら道を塞いだ蜘蛛がわざわざ移動しやがって押し込まれたんですが・・・ -- 2015-01-22 (木) 20:29:34
  • 藍ランクの攻略にスキルの皆伝つけるという記述がありますが、レベルキャップにひっかかってSPが足りないのでは? -- 2016-11-23 (水) 21:04:07