エレメント調査攻略

概要 編集アイコン

  • 全体的に割と絶望的な数値・回数を要求されるエレメント調査。
    実はこれらは馬鹿正直にホロウミッション対象モンスターだけでこなす必要はなく(というかそんなことしてたらまず終わらない)、
    ミッション開始と同時にその場を離れ、同じマップ内のミッションとは全く関係のないモンスターを制限時間いっぱい殴ったりしても進行する
  • この項では多少なりとも楽に進行するための場所や方法を模索、紹介してゆく。
  • バグ利用に近い、正常な仕様かどうか怪しい手段もちらほら登場するため、ご利用は自己責任で。アップデートで修正されてしまう可能性もあります。

基本事項 編集アイコン

パートナーの必要ない調査ではキリトソロで挑む 編集アイコン

  • パートナーの攻撃で敵を倒されてしまったり、安定しなくなる状況が多々発生する。
    連携回数カウントなどのごく一部を除き、基本的にはキリトソロで行うのが達成への近道。
    • ついでにパートナーのAI育成だ!とか武器熟練度も上げたい!とか欲張るとかえって時間がかかります。急がば回れ。

装備変更も上手に活用 編集アイコン

  • 単純に回数を稼ぐだけなら、弱い武器の方が1匹相手に殴れる回数が増えてお得。
  • 被ダメージ系調査の場合、防御力を下げた方がかかる時間は短くなる。ただし当然デッドエンドの危険性も増す。

バトルスキルを使わなきゃ勿体ない 編集アイコン

  • 普段は使わないバトルスキルでも、調査時には大活躍してくれる場合も。
  • 少しでも楽になるバトルスキルがないか、Skill画面から調べてみるとよい。
    • オートアタック回数なら攻撃間隔やダブルアタック率、回避を上げて被弾率を下げる、防御力を下げて被ダメを増やす、等々。

通信プレイのロールも忘れずに 編集アイコン

  • アタッカー・ディフェンダー・スカウトの3種は与被ダメージに直接影響してくる。
  • バッファー・デバファーのスキルリキャスト短縮や効果時間の延長も、調査内容によっては効果が非常に大きい。
  • 通信プレイ中はミッションを達成すれば管理区へ直接戻るので、実装のための帰還時間の節約にもなる。

出先でも調査項目変更可能 編集アイコン

  • STARTメニューのImplementでいつでも変更可。
    ただしホロウミッション途中の調査項目変更は不可能(ミッション開始時にバフ・デバフの付与や装備変更が行われるため)。
    • ホロウミッション中に調査が完了した場合、ミッション自体は達成せずに別マップへ移動しても調査終了が確定する。
      ミッションの残り時間がまだあれば、別調査を選択→戻って再度ミッション開始→別調査も可。
    • ゲームに影響を及ぼす「実装」は管理区コンソールメニューからしか行えない
      システム追加の恩恵を受けたり、装備ドロップを狙う際には「実装済み」になっているか必ず確認を。
    • また、通信プレイモードでは通信プレイを終了するまでオートセーブが行われない点に注意。
      あまりに長時間ウロウロし続けていると、バッテリー切れ、C2エラーなどでそれまでの回数が全て吹き飛ぶことも。筆者も一度やりました。
  • 途中でチェック項目を切り替えても、それまでの試行回数は保存される。安心。

エリアランクは早めに上げておこう 編集アイコン

  • ホロウミッションクリアを繰り返すことでエリアランクが上昇し(最高3)、発生するホロウミッションの数・種類も増える。
    • 特にエリアランク2ではストーリー進行とは無関係なマップでミッションが発生するようになることが多い。
      これらの地域は高レベルモンスターも多く徘徊し、調査の効率化にも繋がる。
    • ミッションの再発生待ちにはランダム要素も絡むので、単純に発生ミッションの多さ=選択肢の多さ=短時間化になる。
  • 下記オススメマップもあくまで一例。もっと効率よく済ませられるマップもまだまだありそう。
  • HNM討伐ミッションすら調査に利用する豪の者もいる模様。確かに与被ダメージ調査などでは手っ取り早いが……!



▲ページの一番上へ戻る▲

エレメント調査達成へのオススメマップ 編集アイコン

樹海・聖剣を望んだ待機所 編集アイコン

  • ホロウミッション発生にはエリアランク2以上が必要
  • Lv80台の蜂とバケツ兵士、中央〜北東部ではLv120超のバケツ兵士、HPと攻撃力の高い両手剣持ち(及びそのNM)と幅広く混在
    • 大半の調査はここだけで達成できる超優良物件。ミッション再発生が待ち遠しい……!
  • 隣接マップに樹海の初期ワープポイントがあり、非通信プレイ時でもすぐ来れることや行き帰りが楽なのもロケーションとしても申し分ない

樹海・供物が導かれた新緑の街道 編集アイコン

  • ホロウミッション発生はエリアランク1から
  • 低レベルながらアクティブ(視界に入ると襲ってくる)な青蜂が多数生息
    • 蜂は特殊技の使用間隔が短い上に多段ヒット判定で、ステップ系エレメント調査のお供に最適
  • 同マップ内にワープポイントがあるため来るのは楽。高台の上なので、徒歩での帰りが若干遠いのが難と言えば難

樹海・浸食されつつある幽界の森 編集アイコン

  • ホロウミッション発生はエリアランク1から
  • Lv110〜と比較的強めの蜂が大量に生息する
    • 高位ステップ系の調査に
  • 供物が導かれた〜の隣接エリアで来るのも楽

樹海・遺棄された武具実験場 編集アイコン

  • ホロウミッション発生はエリアランク1から
  • 耐性持ちの敵が多数いるのが特徴。○○アタックの回数稼ぎに最適。
    • スライムは斬、ナイトは突、ゴーレムは打以外を軽減する。
    • ゴーレムはスタン技を使ってきて面倒なので、ナイトを集めて二刀流で殴るのが良い。
  • ワープポイントは隣接マップ「植物たちの楽園 北領域」からすぐ。

樹海・バステアゲートへ続く橋梁 編集アイコン

  • ホロウミッション発生はエリアランク2から
  • NMノワールエイルが3匹存在。 全滅させない限りエリアチェンジでリポップする。
    • NM撃破調査に。
  • エリア内に転移石があるためアクセス良好。
  • 難点はNMのLvが120以上ではない事。 レベル制限のある調査では使いづらい。

異界・瘴気が満ちた聖剣の遺跡 編集アイコン

  • ホロウミッション発生にはエリアランク2以上が必要
  • Lv130以上のバケツ兵士、140の牛頭などホロウエリアでも最高レベル帯のモンスターが生息
    • 大量の累計与被ダメージ達成や、高レベル指定の調査に是非
  • モブPTがミッションNMの部屋に陣取っており、速攻でやられる→撤退時にこちらを巻き込むことが多々あるため
    ソロで調査を行いたい際でもモブPTの出てこない通信プレイで来訪するのが安全
  • 最寄りは異界の最初のワープポイント。広場を横断する必要があるが、マップ切り替えも近くアクセス良好。


    ▲ページの一番上へ戻る▲

各調査の個別攻略 編集アイコン

ソードスキル回数稼ぎ 編集アイコン

  • 初期からパレットに入っているエグザクトオンスロート(消費SP0)の使用でもなぜかカウントが入る。
  • L+Rでバトルスキル一覧を開き、△で使用するとどういうわけか2カウント入る。
  • 敵攻撃の被弾でモーションがキャンセルされると、その間の連打で意味不明なほど猛烈な回数を稼げる。
  • あくまでも「使用調査」なので、律儀に敵に当てたりモーションを最後まで見なくてもOK。
    • ひたすらテンポよくL+R→△を連打し続ければよい。

ステップ、Justステップ回数稼ぎ 編集アイコン

  • オススメの対象モンスターは蜂。特殊技の使用間隔が短い上に多段ヒット判定で、回数が稼ぎやすい。
  • キュピーン!と光って尻尾を一旦引く→約3秒後に突き出す構えと同時に攻撃判定発生。
  • キュピーン!を確認したら一度左右どちらかにスティック入力で歩き移動、
    攻撃判定発生と同時に蜂の正面を横切るようにして逆方向へステップすると成功しやすい。
  • バックJustステップもステップの入力タイミングは同様。サイドステップで慣れてから挑むのを推奨。
  • 慣れてきたら3〜5匹ほどまとめて引き連れると特殊技発生間隔が短くなり、サクサク進められる。
  • 蜂のHPが減ると単発技も使用するようになるため、常に左右どちらかへぐるぐると回転移動し続けて一切殴らないのがよい。
  • 回避スキルでのオート回避判定がステップ・Justステップ成功判定より優先されてしまうので、
    片手武器+盾を装備し、回避0の状態で挑もう。当然被弾も増えるのでHP残量には注意されたし。

バーストアタック、Justアタック回数稼ぎ 編集アイコン

  • バーストアタックは武器リーチに応じた範囲攻撃。長めの両手武器を装備し、
    サイズの小さめなザコを3〜5匹ほど集めて殴ると1回の攻撃でもヒット数に応じたカウントが入る。
    また、二刀流だと1回のバーストアタックで2回判定されるので、実質半分の回数で済む。
  • Justアタックは攻撃ヒット時に小さな円形エフェクトが発生、このタイミングで○(初期設定)を押すと
    薄い緑色のエフェクトに変化し、Just入力の成功となる。
  • Justアタックは武器によって入力のしやすさが異なる。使い慣れタイミングを覚えた武器で挑むのが手っ取り早い。
  • 武器指定の調査はがんばってください。

ステータスダウン・状態異常付与の回数稼ぎ 編集アイコン

  • 該当効果を持つソードスキルを当てていく。え、覚えてない? 武器熟練度上げて覚えてきてください。
  • 異常付与を確認したらミゼラブルハートを即使うと、異常効果のレベルが上昇、カウントが1回余計に入る。
  • この状態で再度ソードスキルを当て異常付与に成功すると、レベルの差異から別の効果と見なされ、カウントが進む。

HP回復の回数稼ぎ 編集アイコン

  • オートアタックを高速化してエナジードレインで殴るのが楽。
    • 武器指定の調査は冥府の不死盾とブラッディビークを利用すれば同じ方法でOK。
  • HPを減らす場合はMAXHP変動装備の付け外しをすればいい。

累計被ダメージ稼ぎ 編集アイコン

  • 防御を下げてリジェネを上げる・・・が、言うは易し行うは難し。
  • なるべくレベルが低いうちに済ませてしまうこと。レベルが上がり、敵のダメージが通らなくなればそれだけ時間がかかる。
  • パターン1:格上に特攻
    • ロールのデバッファーかネクロフィアコートでスタンと緊急回復用スキルのリキャストを短縮しておくことを忘れずに
    • ザコに緊急回復を邪魔されないよう、HNMとのタイマンが良い。シールドディフェンスもダメージ自体は受けるのでオススメ。
    • 性質上、敵に勝つのは大変なので、通信プレイで死に戻りが嫌ならできるだけ出口に近い場所を選択。
  • 心臓に悪いし面倒臭い。時間が惜しい人用。
  • パターン2:放置プレイ
    • 極端な話、ミッションランクさえ足りていれば新緑の街道の蜂相手でもなんとかなる。装備品とロールを調整して効率を上げるのみ。
    • VITA本体のスリープ時間は可能な限り長めにするか、右スティックを適当な方向に固定する。後は原作を読むなり、このwikiを編集しながら時間を潰そう。
    • 効率と安全を出来る限り両立したいならば、若干格上の雑魚に袋叩きにされるのが一番良いと思われる。
      • ある程度ダメージの受け具合を見極めたら定期的にリジェネなどを掛けて、タゲだけ取って攻撃せずに放置する。
  • 有用な装備
    アイテム名防御ステータス効果入手場所
    プリエステルの加護100000STR-20 VIT+30 DEX+5 AGI+5 命中+10 回避+20 毒+50 麻痺+50 出血+50状態異常分身/HPリジェネ92層HNMリザードダイバーのレアドロップ
    要実装エレメント
    ブラッドネックレス5000HPリジェネ84層店、85層店
    エンゼルネックレス5000MAXHP上昇87層店、95層店
    ヒースクリフの盾100000攻撃力−25HPリジェネ無料DLC

リスク○以下でホロウミッションをクリア 編集アイコン

  • 敵と一切戦わなければリスクは増えない。
  • 「敵に気付かれずに〜」系のミッションをHIDEポーション使用で駆け抜ければ簡単。

クリティカル回数稼ぎ 編集アイコン

  • 下のいずれでも気を付けたいのが、Ver.1.05以降はインフィニットアンクを付けているとクリティカルが一切発生しなくなるという事。やる時は必ず外す。
  • クリティカルを指定数成功させるのは攻撃速度とクリティカル率をバフや装備で可能な限り上げて挑む。
  • 背面クリティカル系はパートナーにタゲを取らせて後ろに回るのが基本。
    • これのためにバックスタブを取るのはやめた方が良い。
  • クリティカルを受けるのは同レベル程度の敵を背中側にトレインし、戦闘に入らずに背面クリティカルを狙って攻撃を受け続ける。