組織

組織 編集アイコン

Maverick Guildに存在する様々な組織について。
財閥X、邪鬼大帝国、十二使徒などのキャンペーンシナリオ敵対組織についてはシリーズ物シナリオを。

バー、及びカフェなど 編集アイコン

『組合』と協力体制を取って依頼の斡旋を行う仲介所の役割を持つ店がいくらか存在しており、PCの主な依頼の受注場所となっている。
恐らく最もお世話になる場所だろう。何故か飲食店が多いが、お約束と言ったところだろうか。

人員 編集アイコン

各バー、カフェのマスター

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

通常の業務も行っているため、常に人手不足のようだ。働いてみるのもいいだろう。

他の組織との関係 編集アイコン

PCたちと敵対するような組織を除き、基本的にどの組織とも中立を保っている。

ガルシア邸 編集アイコン

京都、宇治市に存在するガルシア・ミラーレス*の屋敷。
かなりの広さで、内部には様々な自衛のための仕掛けやトップクラスPCの居候集団と言った過剰な戦力が存在する。
正確には組織と呼んでいいかは怪しいのだが、いつの間にか多くのPCが居着いており、勢力として無視できない存在と化していたため記述する。

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

押しかける。大体それくらいである。

他組織との関係 編集アイコン

基本的にどの勢力とも友好的。と言うより、PC周りの存在であるため友好関係はPC達と何ら変わりない。

魔術學会 編集アイコン

その名の通り、魔法技術の研究・管理、後継者育成などを行っている組織。
その歴史は古く、少なくとも中世期には成立していたとされる。
会員は技術的成果の報告、調査、また若手魔術師の育成などで協力し、成果として報酬や権限を得る。

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

魔法技術に造詣があり、加入の意思を世界各地の支部や学会のメンバーに告げれば、諸手続きの上で容易に加入できるだろう。
また、魔法技術がからっきしであっても所属したい!という物好きでも、書類整理などで受け入れてもらえるかも知れない。

他の組織との関係 編集アイコン

所属メンバーが特定組織と掛け持ちを行っていることは多々あるが、基本的に学会そのものは中立である。
しかし、場合によっては魔法技術を巡っていち案件レベルで対立する場合も有り得る。

&ruby(くかみしゅう){九鬼衆} 編集アイコン

立花雪宗、島津麗華の夫婦率いる九州の討魔集団。
元々九州では複数の討魔組織が存在し、互いに覇権を争っていたのだが、
雪宗、麗華の2名を中心とした勢力がそれらを一つに統一したのがこの九鬼衆である。

空、海、地中、果ては―あくまで理論上だが―宇宙まで移動可能な超弩級万能艦である「サクラジマ」を拠点として活動している。

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

雪宗か麗華とコンタクトを取り、気に入られること。
それが最短かつ確実な方法だ。

他の組織との関係 編集アイコン

只でさえ敵が多いという都合上、組織間の横の繋がりを大事にしている為に「組合」に協力的な組織となら大抵友好関係を結んでいる模様。
その中でも「組合」・天叢雲・八咫鏡とは特に仲が良い。

&ruby(あめのむらくも){天叢雲} 編集アイコン

結城・辰興*を当主とする討魔組織。武道に優れた超人を多く擁し、また独自の諜報部門である忍者衆を配下にもつ。
表向きの姿は大企業「Y&Mグループ」であり、後述の御剣重工はこのY&Mグループの子会社である。
初代当主は松平藩初代藩主である結城秀康。

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

格式と伝統の旧家ではあるが、優秀な武人を客将として招き入れることは珍しくない。
武と誠を見せれば快く受け入れてくれるだろう。

他の組織との関係 編集アイコン

御剣重工とは親会社・子会社の関係にある。また、東国の怪異討伐を一手に請けていた一門ゆえか、同じく古くから続く
裏の名家とは関係が深い。

Sミュージアム 編集アイコン

一般にも知られている大規模な美術館だが、裏の世界では過去の貴重な遺物を調査、管理する機関としても知られている。
確認された遺物は危険度(ハザードランク)に応じて管理され、強力な物ほど厳重に管理されている。

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

明石とコンタクトを取り、普段は学芸員として働く形で所属させてもらうのがいいだろう。
性質上、トレジャーハンターや学問の道を志すものにはうってつけの環境だろう。

他組織との関係 編集アイコン

殆どの組織と友好的な関係を築いているが、特に調査対象や内容の点から、魔術學会とは関係が深い。
また、Y&Mグループなどから資金面で協力を受けているようだ。

&ruby(みつるぎじゅうこう){御剣重工} 編集アイコン

Y&Mグループ子会社で、主力製品は、船舶・エネルギー関連機器・産業機械・航空機・ロケットエンジンなど。
またそれらの他に、防衛省向けの戦闘用操機である零式*や、工業用の森人一号、及び海人一号を商品としている。
国内企業で操機を全面的に商品としているのはここが元祖だが、昨今、下記のクロノス・インダストリーが進出を始めた模様。

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

あくまで会社であるため、就職するのが手っ取り早い。操機に乗れれば尚いいはずだ。

他の組織との関係 編集アイコン

当初はクロノス・インダストリーとビジネスライクな関係を築くつもりだったようだが、「新型操機を護衛せよ!」*でのコンチータへの攻撃を発端に、
現在水面下で睨み合いが起きている様子。また、後述の超常連隊はお得意様である。

クロノス・インダストリー 編集アイコン

軍需産業への進出を狙うクロノス製薬が新設した下部組織であり、紛争地帯に操機を輸出するのが主な業務である。
その他にも、クロノス製薬が培った技術を転用して強化/改造人間の開発も行っている。
表向きのトップである黒井社長の意向により、副業として傭兵の派遣等も行う。
これは自社製品のデモンストレーションとしての意味合いが強いようだ。

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

クロノス製薬、もしくはクロノス・インダストリーの構成員になれば良い。
黒銭が個人的に人員をスカウトすることもあるだろう。

他の組織との関係 編集アイコン

基本的に自社の利益しか見ていない(時折それすらも考えない)為、友好的な関係を築いている組織は少ない。
宣伝業務の一環として、『組合』に人員を派遣することもある。

&ruby(ちょうじょうゆうじたいさくしだん){超常有事対策師団} 編集アイコン

自衛隊が陸・海・空の枠を超えて新規に設立した部隊で、通称『超常師団』。
操機、操甲と言った特殊装備を数多く有し、また「裏の仕事」を行えるだけの能力を持つ者が抜擢されている。
ただしその存在は公には認められておらず、あくまで都市伝説として巷では扱われている。
内部的には
・超常有事情報統括本部(情報処理担当)
・歩行戦闘機連隊(操機担当)
・特殊機械化歩兵連隊(操甲担当)
・超常有事後方支援連隊(補給線担当)
などが存在する。

PCがこの組織に所属するには 編集アイコン

自衛隊の部隊であるため、まずは自衛隊になるところからだろう。尤も、はじめから自衛隊に所属しているPCならば
ある日召集がかかるかもしれないが。

他の組織との関係 編集アイコン

御剣重工とは零式などの受注発注を行う関係にあり、技術的な面で協力体制を取っているようだ。