≪吸血鬼技能≫

吸血鬼技能 編集アイコン

 吸血鬼技能は、読んで字の如く吸血鬼特有の能力であって、特別な感覚や再生能力、変身能力など人間では真似できないものが多い。

※これらの技能は全て共通して以下の効果を持つ。

習得条件:〔ヴァンパイア〕〔ダンピール〕であること。
技能習得時:キャラクター作成後の習得である場合、習得に必要CPを『5』として扱う。
      2レベル以降への成長は通常通り。

魔法技能 編集アイコン

魔視(魔法) 編集アイコン

 魔力を込めた眼力で相手に恐怖を植え付ける。

使用条件:対象と目が合っている
宣言時:シーン内の対象1つを指定し、以下の判定を行う。
魔視判定 『魔』+SLd6
難易度 対象の『精神値』
成功時:対象に「恐怖」を与える。

汎用技能 編集アイコン

大狼変化(変身) 編集アイコン

 巨大な狼に変化する。

宣言時:「大狼化」する。
    「大狼化」状態では以下の全ての効果を得る
    「容姿が狼に変化する」
    「『筋』『速』『体』+SL×2」
    「行動判定修正+2d6」
    「巨大:0〜SL」
    「≪吸血≫を使用する全ての判定に+SLの修正を与える」
    「武器・防具を使用不可」
蝙蝠変化(汎用) 編集アイコン

 小さな蝙蝠に変化する。または蝙蝠の翼を背中から生やす。

宣言時:「転倒」「拘束」を回復し、解除を宣言するまで以下のいずれかの効果を得る。
    「容姿とキャラデータが動物系NPCサンプルの「蝙蝠」に変化する」
    「「飛行:SL/2」を得る」
同族探知(汎用) 編集アイコン

 周囲に存在する吸血鬼を探知する。

宣言時:自身を中心とする半径30m内の吸血鬼の位置を特定する。

対応技能 編集アイコン

霧変化(対応/魔法) 編集アイコン

 体を霧に変化させ、静かに移動する。または攻撃を回避する。

対応時:【銀製加工】または<魔法>を持たない攻撃判定の対象にならない。
宣言時:「転倒」「拘束」を回復し、「移動する」の効果を解決できる。
    またはシーンから退場する。
使用回数:SL回(1シナリオあたり)

付加技能 編集アイコン

吸血(付加) 編集アイコン

 牙などを用いて血を吸い、自らの傷を癒す。

宣言時:この技能は(付加)の個数制限に含まれない。
ダメージ時:ダメージを与えた分だけ、自身の『身体被害度』を回復する。

(付加)対象:格闘技能

伸縮爪(付加) 編集アイコン

 爪を自在に伸縮させ、武器として扱う。

宣言時:ダメージ判定基本値を「『筋』or『速』/2」に変更可能。
    ≪刃武器習熟≫と同様に(付加)できる。
    「射程修正+SL/2」を得る。
    この技能は(付加)の個数制限に含まれない。
命中時:対象に「出血−1」を与える。

(付加)対象:格闘技能

常時技能 編集アイコン

暗視(常時) 編集アイコン

 全く光の無い暗闇でも視界を得る。

常時:「暗闇」の効果を受けない。
不死の英知(常時) 編集アイコン

 長い年月を生きた事で、多くの知識を備えている。

常時:「『知』+3」を得る。
吸血鬼化(常時) 編集アイコン

 吸血した相手の身体構造を吸血鬼のそれに変えてしまう。

常時:≪吸血牙≫を使用する際、以下の効果を追加できる。
  「ダメージ時:対象が「気絶」した場合、このシナリオの間、
     対象をPLがコントロールするNPCとして扱う。
   対象が「死亡」した場合、対象の種族を〔ダンピール〕に書き換え、
    『身体被害度』を全回復させる」
身体回復(常時) 編集アイコン

 驚異的な速度で傷や毒を治癒する。

戦闘時:身体被害度が1シーンにつきSLP回復する。
非戦闘時:身体被害度が毎分SLP回復する。
安静時:30分で「骨折」が治癒、1時間で毒性値1点減少、1日で「失明」が治癒する。
灰化復活 (常時) 編集アイコン

 活動停止しても、灰となった後に復活する。

常時:「死亡」した場合「灰」になる。
   この灰全てが1ヶ所に集まっている場合、48時間後に「灰」を回復できる。
  (消費能力値は回復しない)

戻る