≪格闘技能≫

格闘技能 編集アイコン

 自らの肉体を武器に格闘を仕掛ける技能だ。身体の動作に関する判定ならこれらの技能を使っていいだろう。
 攻撃判定を行う技能は3つあるが、それぞれ判定の基本値や使用する(付加)技能が異なっている。 
 また武器技能と親和性があり、ほとんどの(付加)技能を共有している。

白兵技能 編集アイコン

空手(白兵/直接) 編集アイコン

 殴る、蹴るなど、スピードとパワーを用いて攻撃する。
 特定の流派のことを指すわけではなく、相撲などもこの技能で行ってよいだろう。

宣言時:{オブジェクト}1つに攻撃判定を行う。
射程 1m
命中判定 『速』+SLd6
ダメージ判定 『筋』/2+SLd6
クリティカル時:対象に「苦痛」を与える。
クンフー(白兵/直接) 編集アイコン

 手刀、肘打ちなど、テクニックを駆使して攻撃する。
 中国武術に限らず、合気道などのように技術性の高い格闘全般はこれで行う。

宣言時:{オブジェクト}1つに攻撃判定を行う。
射程 1m
命中判定 『速』+SLd6
ダメージ判定 『技』/2+SLd6
命中・ダメージ判定時:クリティカル条件に必要なダイス目「6」の数を−1する。
ボクシング(白兵/直接) 編集アイコン

 科学的合理性に基づいた格闘術によって攻撃する。≪フットワーク≫と併せると効果が高まる。
 スポーツのボクシングに限定せず、キックボクシングなどもこれに含む。

宣言時:{オブジェクト}1つに攻撃判定を行う。
射程 1m
命中判定 『技』+SLd6
ダメージ判定 『筋』/2+SLd6
タックル(白兵/直接) 編集アイコン

 体当たりを当て、転ばせる。

宣言時:{オブジェクト}1つに攻撃判定を行う。
射程 1m
命中判定 『速』or『技』+SLd6
ダメージ判定 『体』/2+SLd6
命中時:対象に「転倒」を与える。
蹴術(白兵/直接) 編集アイコン

 蹴りに特化した格闘術。特別な肉体を持たない者でも、熟練すれば高い能力を発揮する。

宣言時:{オブジェクト}1つに攻撃判定を行う。
    この技能には「メリケンサック」は使用できない。
射程 1m
命中判定 『速』or『技』+SLd6
ダメージ判定 『速』+足防具の『防御力』+SLd6
投術(白兵) 編集アイコン

 相手を投げ、床や壁に叩きつける。

使用条件:対象以上の「飛行」か「巨大」を得ていること
宣言時:{キャラクター}1人に命中判定を行う。
射程 1m
命中判定 『技』or『速』+SLd6
命中時:「『筋』×(硬さの値)」Pのダメージを、自動減少値を無視して『体力値』に与える。

※硬さの値
‥沼地や水面などの硬さのないもの…0
‥土や芝生などの柔らかい床・壁…0.5
‥木製などのやや硬い床・壁…1
‥コンクリートなどの硬い床・壁…

付加技能 編集アイコン

高速(付加/連携) 編集アイコン

 素早い動作で相手を翻弄する。

命中修正:+SLd6
使用コスト:『体力値』3P

(付加)対象:(白兵)≪投擲習熟≫

強打(付加) 編集アイコン

 力を込めて叩きつける。

ダメージ修正:+SLd6
使用コスト:『体力値』3P

(付加)対象:(白兵)≪投擲習熟≫

部位攻撃(付加) 編集アイコン

 体の一部分を適確に狙う。

宣言時:以下から効果を選ぶ。

‥頭
 ダメージ時(5P以上):対象に「放心」を与える。
 クリティカル時:「放心」の代わりに「骨折・首」を与える。

‥腕
 ダメージ時(5P以上):対象に「拘束」を与える。
 クリティカル時:「拘束」の代わりに「骨折・腕」を与える。

‥腹
 ダメージ時(5P以上):対象に「苦痛」を与える。
 クリティカル時:「苦痛」の代わりに「骨折・あばら」を与える。

‥足
 ダメージ時(5P以上):対象に「転倒」を与える。
 クリティカル時:「転倒」の代わりに「骨折・足」を与える。

使用回数:SL回(1戦闘あたり)
使用コスト:『体力値』4P

(付加)対象:(白兵)≪投擲習熟≫

踏みつけ(付加) 編集アイコン

 体重を載せて踏みつける。

使用条件:「転倒」のマイナス効果を受けていないこと
     対象が「転倒」しているか、対象以上の「飛行」か「巨大」を得ていること
宣言時:ダメージ判定基本値を「『体』」に変更する。
    この技能は(付加)の個数制限に含まれない。
行動失敗時:自身に「転倒」が与えられる。
使用回数:SL×3回(1戦闘あたり)
使用コスト:『体力値』1P

(付加)対象:≪空手≫≪クンフー≫≪ボクシング≫≪タックル≫

フットワーク(付加) 編集アイコン

 下半身の体重移動でパンチの威力を上げる。

宣言時:この技能は(付加)の個数制限に含まれない。
    以下の修正を得る。ただし、修正の合計値は『速』まで。
「命中修正:+SL ダメージ修正:+SL」
使用コスト:『体力値』1P

(付加)対象:≪ボクシング≫

フェイント(付加/連携) 編集アイコン

 緩急をつけた動きで相手を惑わす。

命中判定時:命中判定をSL+1回まで判定を行い、達成値を選択する。
      ただし、クリティカルに必要なダイス数が一つ増加する。(クリティカルし辛くなる)
使用コスト:『体力値』2P

(付加)対象:命中判定を行う全ての技能

チェンジング(付加/特殊/連携) 編集アイコン

 相手の防御を見極めて、すばやく攻撃を切り替える。

宣言時:攻撃判定を行う前に、対象と以下の対決判定を行う。
チェンジング判定 『技』+SLd6
抵抗判定 『感』+(対応)SLd6 
勝利時:対象は、その攻撃判定に対しての(対応)を宣言する。
    その後、技能宣言をやり直す。対象は宣言した(対応)を変更できない。
使用コスト:『体力値』2P

(付加)対象:攻撃判定を行う全ての技能

回転(付加/連携) 編集アイコン

 捻りを加え、勢いと威力を高める。

命中・ダメージ修正:+SL×2
使用コスト:『体力値』3P

(付加)対象:(白兵)≪投擲習熟≫

跳び攻撃(付加/連携) 編集アイコン

 勢いよくジャンプして攻撃する。

使用条件:「拘束」されていない、または「拘束」を解除すること
宣言時:ムービング・タイム終了時まで「飛行:+SLm」を得る。
    射程内の対象1つのインサイドへ移動する。
射程修正:+SL/2m
ダメージ修正:+SL×2
使用コスト:『体力値』3P

(付加)対象:(白兵)


戻る